羽島郡広域連合火災予防条例の一部を改正します


 平成25年8月、京都府福知山市の花火大会において、露店付近から爆発火災が発生しました。今回の条例改正は、この火災を教訓に、対象火気器具等を使用する屋外の催しに対して、防火管理体制の強化を図ったもので、平成26年8月1日から施行されました。


対象火気器具等とは

 気体燃料(プロパンガス等)、液体燃料(ガソリン等)、固体燃料、電気を熱源とし、火を使用する器具又はその使用に際し、火災の発生の恐れのある器具をいいます。
以下の器具が代表例です。


お祭り、縁日、花火大会、イベントなど、大勢の人達が集まる催しで、対象火気器具を使用する時は、消火器の準備が義務付けられます!

 消火器は原則として、対象火気器具等を取り扱う方が準備します。
消火器は業務用消火器(住宅用消火器は除く)で腐食や破損のないものを準備して下さい。
なお、近親者によるバーベキュー、幼稚園などで父母が主催するもちつき大会のように、相互に面識のある方たちが参加する催しは、消火器準備義務の対象外になります。

火気を使用する露店等を開設する時は届出を!

 お祭り、縁日、花火大会、イベントなど、大勢の人達が集まる催しに、対象火気器具等を使用した露店等を開設しようとする場合は、消防署へ「露店等の開設届出書」の提出が必要となります。

露店等の開設届出書

屋外での催しの内、特に大規模なものは「指定催し」として指定されます!

 指定される条件は、次の2つを満たした場合です。

1.大規模な催しが開催可能な公園、河川敷、道路その他の場所を会場として開催する催しであること。

2.主催する者が出店を認める露店等の数が100店舗を超える規模の催しとして計画されている催しであること。

 なお、催しを指定する時には、あらかじめ催しの主催者の意見を聴き、指定した際には、催しの主催者に通知するとともに、町民の皆さんに公示します。

指定催しの主催者には、3つの義務があります!

1.速やかに防火担当者を定めること。

2.防火担当者に「火災予防上必要な業務に関する計画提出書」を作成させ、当該計画に従って、火災予防上必要な業務を行わせること。

3.原則として、指定催しを開催する日の14日前までに「火災予防上必要な業務に関する計画提出書」を消防署へ提出すること。

火災予防上必要な業務に関する計画提出書

「火災予防上必要な業務に関する計画提出書」を提出しなかった場合、罰則を受けます!

指定催しの主催者に対し、「火災予防上必要な業務に関する計画提出書」が未提出の場合は30万円以下の罰金が科されます。

※なお、消防署は必要に応じ、露店等に対して現地確認、指導を実施します。