台風19号に伴う防火対象物における防火対策及び
危険物施設の浸水対策等について



防火対象物の防火対策について

消防用設備等の非常電源として蓄電池設備や非常電源専用受電設備等を用いている場合にあっては、長時間停電することにより消防用設備等が作動しない場合に備えて、以下の対応を図ってください。
・消火器等の設置箇所を再確認してください。
・関係者による巡回を行い火災の早期発見、連絡体制を確保してください。
・避難誘導体制及び避難経路を再確認してください。


危険物施設の浸水対策について

河川の氾濫等による浸水が想定される危険物施設では、金属の溶融高熱物などは、過熱をあらかじめ停止して十分温度を下げる等の措置を講じてください。また、油の貯蔵、計装制御装置、冷却装置、ポンプ機器等で危険物の取扱上重要な機器については、必要に応じ、浸水の防止や被害が生じた場合の応急措置を講じてください。
このほか、別添1を参考にしていただき危険物保安上必要な措置を講じてください。


別添1平成30年9月27日付け消防危第179号
「風水害発生時における危険物保安上の留意事項及び危険物施設の被害状況調査について」